2012年3月27日火曜日

米国への引越とFacebook入社のご報告

件名の通り、私は米Facebookに最近入社したことをここでご報告します。

相変わらずMySQL関係の仕事をすることになります。
チームメンバーはアジアには誰もおらず大半が米国本社(Menlo Park)にいるため、自分も引っ越すこととなりました。
すでに生活の拠点を会社から10km未満というそう遠くないところに移しています。

当然ながら入社前に話をオープンにするわけにもいかないので、DeNAの中の方たちや、ごく親しい人にしかご挨拶ができずにすみませんでした。

このBlogの読者であればご存知のように、私はキャリアの途中からほぼMySQL一本で仕事をしてきています。

実はDeNAは、世界でも指折りのMySQLのヘビーユーザとして認知されています。
去年の米MySQL Conferenceでは会社としてAwardを受けました。それも純粋に技術的な貢献が評価された上での受賞であり、「日本でのコミュニティ活動に貢献した」のような海外のユーザにとって技術的な意味のないものではありませんでした。MySQLヘビーユーザ企業としては国内では文句なくNo.1で、海外でも2-5番目くらいの位置にいると言えるでしょう。

では世界で最もMySQLを使い倒しているユーザ企業と言えば、それはFacebookであることに疑いの余地はありません。
というわけで引き続きMySQL関係のお仕事をやっていきます。

DeNAでは1年半しか仕事をしなかったのですが、実力のある同僚に恵まれたこともあり、マスターの無停止切り替えや自動フェイルオーバーによる可用性の向上、効率化/高速化によるコスト大幅改善など、良い成果を出すことができました。
去年の後半には社内で社長賞を頂いたのですが、言うまでもなくそれは周りの方のおかげです。
一度問題を解決すると、類似の問題をことごとく自力で解決してくれる有能な若手技術者に恵まれたことや、マネジメント層が色々と気を使ってくれたりしたことで、
自分が現場にいながらにして中長期的な施策に多くの時間を割くことができました。
インフラチームや、ソーシャルゲームチームの同僚たちにとても感謝しています。ほかの会社ではこの短期間で同等の成果を出すことは難しかったと思います。
ですから、今でもエンジニアに対してDeNAという会社を自信を持って勧めることができます。

では、なぜ移るという決断に至ったのかというと、それは去年後半にお誘いを受けたというのが直接のきっかけではあるのですが、以下のような様々なことを考えて総合的に決めました。

・データベース技術の未来について
 ・データベース技術にはどのような分類があり、
 それぞれの領域は今後どのように進化していき、
 どのような人材が求められるようになるのか、
 ということに対する自分の考え

・エンジニアのキャリアについて
 ・インフラエンジニアのキャリア形成について
 ・一点集中型と全方位型の違いについて
 ・枯れた技術と新しい技術の違いについて
 ・ベンダーとサービス企業の違いについて
 ・海外に住んで働くということについて
 ・日本という国についてどう思っているか
 ・家族/結婚/出産/住宅ローンなどについて
 ・ソーシャルゲームやライバル企業について

2月末に、DeNAの多くのエンジニアの方に対して、この「データベース技術の未来と エンジニアのキャリアを考える」というテーマで90分間にもわたって自分の考えを発表させて頂くという機会を頂きました。この内容は社外秘の情報を含むのでここでお見せすることはできませんが、参加してくださった方々の反応を見てもかなりの手応えがあったので、自分としても後悔の無いようにやっていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

入社日おめでとうございます!!
今高校にかよう学生です。僕もFacebookに入社日するのが夢です。
お仕事頑張って下さい!

コメントを投稿